闇パチスロはルール違反

法規制をすり抜けた設定のスロットの台をおいてる闇パチスロは、営業しているものが処罰の対象になるばかりか、そこでパチスロをやっていた人も処罰の対象になってしまいます。実際に摘発時に知らなかった客が逮捕された例も少なくありません。しかし現在では新規のスロット店を開業する場合や、既存のスロット店に対しては抜き打ちで検査があるので、その際に設定が適合していなかったスロット店は厳しい改善命令がされます。
こうした規制が設けられるようになった現在では闇パチスロも絶滅状態にあります。

ですからルール違反のスロット営業店はもうほぼないので安心して合法なお店で遊戯に励むことにしましょう。

産経ニュースサイトが一番おすすめです。

ルールを守っている店舗では堂々と営業をしているので、実際にスロットをしていても非常に楽しい雰囲気になります。昔は闇パチスロを営業している店舗が若干あったのですが、そのような客側が不利益を被るお店はなくなっています。

闇パチスロに有効な情報の紹介です。

パチスロのルールは今後も法改正などがあれば機械の設定を変えなければならない事態になるかもしれませんが、その際にはどのスロット店も当局の指示通りの設定に変更をするので、ルール違反のスロット店で知らずにパチスロを打つということはなくなります。



闇パチスロは現在営業中の店舗が皆無なので、万が一あった場合にもすぐに警察から捜査を受けることになるので、存在することが困難です。


パチスロ楽しむなら正規のお店が一番楽しめるのです。